天のくさり

 昔、太郎と次郎という兄弟がありましたと。
 昼間、母は「田んぼに行ってくるから。」といって出ていきました。そしてもうひと言、「だれが来ても戸をあけてはならないぞ。」と言い残していきました。

 しばらくたつと、トントンと戸をたたく者があります。
 「母さんだから戸をあけておくれ。」といっています。
 はじめは用心してあけませんでしたが、なんべんもやかましく呼び立てるので、ふたりは戸をあけました。はいってきたのを見ると、太郎はどこかしら母でないような気がして、ビクビクしました。次郎の方はまだ小さいのでよくわからないのか、母だと思っているようでした。

 夜になりました。母は次郎をだいて寝ました。夜中に「キャッ」という声がしました。わきに寝ていた太郎が、「何かしら。」と母にいいました。すると次郎を食べた残り骨をポイと投げつけました。

 太郎は「やっぱり山姥だったのだ。」とびっくりして、外へ逃げ出し、背戸(うしろ庭)の梅の木によじのぼりました。
 山姥は後を追いかけてきて、「どうしてのぼったの。」と聞いたので、「油をぬってあがった。」と太郎が答えてやりました。山姥はすぐ抽をぬってあがろうとしたが、つるつるすべってあがれません。

 やがて山姥はだまされたことに気がつき、鍬で梅の木にキズをつけてあがってきました。だんだん太郎の方へ近づいて来ます。

 太郎は恐ろしくなって、天に向かって、
 「神様あ、お助け下さい。」
 とお願いしました。

 すると、天から一筋のくさりが下がって来ました。太郎はそのくさりにつがって、ずんずん天へ上がっていきせした。

 それを見た山姥も天に向かって、同じく、
 「神様あ、お顧いします。」
 というと、古い腐れなわがぶら下がってきました。

 山姥がそれにつがって上がろうとすると、途由で腐れなわがプツンと切れて、山姥は地面に落ち、ぐしゃぐしゃになって死にました。その落ちたのがそばの畑でありました。

 そのためそばの根元が山姥の血に染まって、今でも赤いのだそうです。